ページトップ

最新記事一覧

11月イベント

INOMA

秋晴れの青空が美しく気持ちいいお天気です。
庭の落ち葉や、薪ストーブを焚くための薪割りの光景に風情を感じます。
本格的に寒くなる前の冬支度が少しずつはじまりますね。

IMG_2777.jpg


さて、イベント開催情報でもお知らせしてますが、8月に構造見学会を開催した
"エアサイクル モデルハウス"がいよいよ11月に完成いたします。

こちらは、自然の恵みの心地よさを楽しみながら空気の循環を活用できる
暮らしを実現したパッシブハウスです。

111.jpg

11月23日(祝)・26日(土)・27日(日)に、グランドオープン前に特別にご覧いただけます。
詳細こちら。

この機会に、是非ご見学にいらしてください。

また、11月5日・6日・12日・13日は、INOMAモデルハウスのある『上毛新聞マイホームプラザ/高崎展示場』でも
イベントを開催しておりますので、是非お出かけください。


ジャパンホームショー2016

先日、コラムでお伝えましたジャパンホームショー2016に行ってきました。

ジャパンホームショーは住まいに関する建材・部材・設備・サービスが一堂に会する日本最大規模の専門展示会となっています。会場内では講演会やセミナーなども開かれていました。

会場内は多くの人でたいへん賑わっていました。
数々のブースがあるなかで、今回弊社も関わらせていただいたのが「わざわ座」の「大工の手」展覧会!!

2016.10.29 jhs.jpg


「わざわ座」の「大工の手」プロジェクトは、大工をはじめとした職人の減少や後継者不足が叫ばれる中、
職人の手仕事に光を当て、さらに職人とデザイナー、工務店がみんなで集まって、これからの時代にあるべき
ものづくりのカタチを考えていこうところから始まっています。
弊社もその取組みに賛同し座衆として参加しております。

2016.10.29 jhs1.jpg


全国から集まった38のスツールは各地域の材料を用いて作られ、大工さんの技が詰まっていました。
たくさん並んだスツールは、どれも素敵でした!弊社の作品も多くの来場者にご覧いただけたかと思うと感無量です!

今回の企画展を通して職人の手仕事の価値を伝える活動の趣旨が少しでも伝わっていたら本当に嬉しく思います。


『わざわ座』 クッションスツール

10月26日(水)~28(金)にかけて、東京ビッグサイトにて開催される『ジャパンホームショー2016』。

そのなかで「大工の手」展覧会が開催され、全国の座衆がつくる「40のクッション・スツール展」に弊社も参加いたします!
各地の職人と、地域に由来する布や、つくり手や使い手の思い出に由来する布を用いた個性あふれるスツールが会場に並ぶとのこと。

弊社も大工さんにご協力いただき素敵なスツールが出来上がりました。
こちらが完成品です!座り心地もなかなかですよ。

IMG_001.jpg

座面の布は桐生市の藍染めの織物を使用しました。
群馬県の桐生市は奈良時代から絹織物(桐生織)の名産地として知られ、京都・西陣と並び称されていました。
桐生御召・羽二重・人絹帯地・絹綿交織などが有名です。

IMG_002.jpg

こちらのスツールを含む「わざわ座」の家具は木造ドミノ住宅 金古町モデルハウスに展示しています。
また、販売もしております。ご興味のある方は、お気軽にお問い合せください。

各地の座衆が製作し持ち寄ったスツールが展示会場に並ぶのか今から楽しみです!
また、ジャパンホームショー2016のレポートは後日コラムにてお知らせいたします。


高校生職場体験

秋の長雨が降る季節になり、朝晩は肌寒く感じる日も増えましたね。
ここ最近はコーヒーなどのあたたかい飲み物が美味しく感じられます。

一昨日は弊社で毎年行われている、短期インターシップが実施され、4人の高校生が3日間職場体験にきました。
現場見学、監督、設計、コンシェルジュ等一通りの仕事内容を体験しました。

IMG_0665.jpg

初日は、設計スタッフにより、模型制作体験を行いました。
人生初めての模型づくりでしたが、みんな真剣に取り組みとても上手に出来ました。

IMG_0669.jpg

最終日は、高崎展示場に訪れました。
真剣な眼差しでモデルハウス内の話も聞いてくれて、私達にとってもよい刺激になりました。

IMG_2266.jpg

将来の夢と志を持ち、設計やインテリア、大工職人など家に関係する仕事に携わりたい!
と、笑顔でお話をしてくれました。

IMG_2267.jpg

4人の手で上手に看板を彩り、素敵な手書き看板も出来ました。将来が楽しみですね。


『わざわ座』 ダイニングテーブル

現場便り

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、ここ最近はすっかり暑さもやわらぎ
吹く風の中に秋の気配を感じるようになりました。

さて、本日は『わざわ座』の家具を大工さんが制作しています。

image9.jpg

家と一緒に永く愛着を持って使ってもらう"わざわ座"

image11.jpg

木の家具をつくると共に心がつながる新しい家具のかたち。それが"大工の手"です。

image12.jpg

大工さんの腕の見せどころが詰まった素敵な家具ができそうです。

10月8日(土)・9日(日)・10日(祝月)には『高崎市行力町の家』木造ドミノ住宅
完成見学会にてこちらのダイニングテーブルを納めさせていただきます。

是非、ご興味あるかたはイベント開催情報をご確認くださいませ。詳細はこちら



カテゴリー

バックナンバー